"インタビュー" タグがついている記事

  • 2012/02/27

    enews 24.net インタビュー

    enews 24.net FTISLANDのインタビュー掲載♡
    [인터뷰] FT아일랜드 “결혼해서도 함께하는 장수 밴드 되고 싶어”
    長文ですが翻訳機の訳です^^*


    FTISLANDは現在自他共に認める韓流バンドだ。 2007年にデビューし、一歩一歩前に踏み出した彼らは今、日本や中国などアジア諸国だけでなく、ヨーロッパでも愛されている韓流スターになった。最近新報”グロウン·アップ(Grown-up)”を出してタイトル曲”非常に”で活発な活動をしているFTISLAND5人のメンバーを難しく暇を作って会った。

    ホンギ/FTISLAND


    enews:最近忙しいでしょう?

    イ·ホンギ:はいとても忙しいです。最近、毎日早朝に起きます。音楽放送がある日には早朝に起きて準備をする必要があり、最近は音楽番組が毎日います。

    enews:今回のアルバムの反応が良くて忙しいことも知らわからない。 “非常に”の反応もとてもいいです。

    イ·ホンギ:2010年に発表した “愛愛愛”の後に反応がすぐに来ています。今回の歌は、愛されると思いました。アキョトドン歌です。元、昨年の “セドゥルチョロム”出る前にこの歌が先に出ることにしたんだけど控えたが、年初に発表しました。歌詞とメロディーがよくマトアトジョ。 “非常に”という強い語感が不慣れながらも良かったです。歌も難易度があるが、歌詞も難易度がある。

    enews:歌詞は非常に恋をする歌なのに、こんな経験があります。

    イ·ホンギ:芸能界はひどいんじゃないか(笑)サランノレナ別れの歌をするときに演技をしている。私はこのような状況であればどうかなと。

    enews:演奏も容易ではなかったでしょうに。

    チェ·ミンファン:力をたくさん与えてぐんぐん伸びる感じで演奏しました。ホンギが歌を表現する能力がわかりました。濃くて切なく上手でしょう。

    enews:ホンギさんはデビューの時の声がちょっと変わりました。

    イ·ホンギ:今がいいですよ。やりたい音楽をするのに良い声です。

    enews:毎回そうだったが、今回のアルバムを通じてFTISLANDが一層成熟した感じです。

    イ·ジェジン:止まっているのは、言葉がダメですよ。韓国音楽界もずっと変わってきますよね。バンドも多くなってずっと熱心にする必要がありますよ。演奏増えればお見せすることも多いです。チムキリ合奏もよくなって。私たちももう安定圏に入った。

    enews:自己好きな音楽スタイルがはずだが、今回もそのようなスタイルではなく、FTISLANDの色のアルバムを作ったそうです。

    イ·ホンギ: “愛愛愛”を発表する時から会社で私たちにどのような音楽をするのかとよく聞いてみました。ところが今回は、もう一度大衆性で、より行こうと意見をモアトジョ。次のアルバムには、できるだけ私たちの曲をたくさん入れることです。

    enews:メンバーたちの間で音楽的意見の相違はありませんか?

    イ·ホンギ:多いですね。みんな好きな音楽のスタイルが違って意見の対立があります。それでも今まではよく妥協してアルバムを作りました。

    enews:それぞれ別に自分がやりたい音楽をやるつもりはないんですか?

    メンバーたち:まだ単独の活動欲はありません。

    ホンギ/FTISLAND


    enews:韓流熱風が激しいが、熱風に一分け前をしています。

    チェ·ジョンフン:頑張っているなと思う気がします。今まで一緒にしてくれたファンに感謝します。
    イ·ホンギ:バンド活動で海外に出かけるのがもっと自慢している。本当に自由ですよ。私の舞台を作ることができ、感情に基づいて話すことができ、バンドの公演が良いです。もちろん韓流は本当に最高です。

    enews:それでもアイドルグループなのに踊りを見せるつもりはないですか。

    メンバーたち:ありません。よくモトチュォヨ。
    イ·ホンギ:カール群舞が好きな人は私たちの公演に来られないですね。私たちの公演に望むものがあるファンだから私たちのスタイルでお見せします。

    enews:近い将来、米国LAでの公演をしている。感想はどうですか?

    チェ·ミンファン:新しいことを接する考えを考えているからいいですよ。公演をするという意味もあるが、多くのことを学びたいです。
    イ·ホンギ:日本に初めて行った時6ヶ月が過ぎた後、ホームシックにかかりました。ところが、過ぎて見ると学んだことが多いです。夢も育てて音楽にも分かるようになりましたよ。今回もそんな期待をしている。米国でも始めから、インディーズバンドのように活動したいという気持ちもあります。
    イ·ジェジン:この前にカナダ·ロック·フェスティバルで公演をしたことがあるが、他の国のバンドを見て感じた点が多かったです。おもしろく楽しむムンファヨ。自由な雰囲気も羨ましかったです。
    イ·ホンギ:外国のバンドとお酒を一杯したが、みんなとてもハンサムなんです。音楽も上手。羨ましくもありました。

    enews:韓国で活動しているのがちょっと不満なのかね?

    チェ·ミンファン:そんなないんです。ただ、アメリカでもじわじわしたいです。日本で一ゴトチョロムヨ。ただ、国ごとに文化が違って私達が感じる長所と短所があります。
    ソン·スンヒョン:例えば、日本ではボーカルだけに注目をしているのではなく楽器なパーツなパーツも注目をしてください。だから、演奏者たちも調べてみます。ところが韓国では放送と芸能活動ウィジュラカメラがボーカルだけジャプジャンアヨ。だから、演奏者たちのリアルな姿を見せないお詫び残念です。
    イ·ジェジン:本当にイホンだけ調べてみるのはさびしいです。私も調べてほしいという願いがありますよ(笑)レストランでメンバーたちがご飯を食べるのイホンだけ調べてみてそんなことはちょっとさびしいです。

    enews:韓国と日本で活動をしたので、両国の違いについて多くのことを感じるだろうね。

    イ·ホンギ:日本のファンは、音楽が終わると拍手を打ちます。それを聞いて歌の反応を知ることができます。韓国では舞台に出てすぐの歓声が聞こえます。日本では終わって拍手を受けるのが、まるで結果を受け、お気に入りのようで本当に怖かったです。今はそれを楽しんでいます。ところが最近ではたくさん変わりました。韓国のファンたちと日本ファンたちが似ていますよ。みんな熱心にしてください。

    enews:ヨーロッパでも行きます。

    イ·ホンギ:行きます。最近ルーマニアで人気が多いです。東方神起、次のだそうです。東欧の人たちはフォンチルハンデ私たちは小さくて満々に見えてそう思います。よろこぶ起こっているのかわからない。(笑)


    ホンギ/FTISLAND


    enews:韓国のアイドルグループで生きていく感じはどうですか?

    イ·ホンギ:今私たちは固定ファンがいます。幸いです。こんなに競争が激しくなのに。毎回の活動を行うたびに雰囲気が変わります。一緒に舞台に立つ歌手がずっと変わります。失われたグループもあって。ファンの大切さは言うまでもがないですね。

    enews:2007年デビューしたので、もう6年目のバンドがいいです。どのような考えがかかります。

    イ·ホンギ:しばらく前にした放送に行った私達がスウィート·ソロウ、次の年次が高くんですよ。韓国は本当にすぐに変わります。新しい曲を学び、練習する時間が少ないですよ。日本に行ってから韓国に来たら不安に思えます。どのように忘れられただろうかと。しかし、日本では実力が上がることが感じられます。

    enews:幼い頃から練習生生活をしました。

    メンバーたち:みんな小学校時中学校の時の練習生生活を始めて2年半くらいしました。もう家族に違いありません。これからはよく戦うこともありません。互いにとてもよく世話をする。

    enews:一部のバンドは、FTISLANDが本当のバンドではなく、作られたアイドルバンドと続け非難をしてきました。

    イ·ホンギ:それでは、私は聞いてみよう。本当のバンドは何ですか?私たちも中学校、小学校の時から楽器を捉えました。キャリアは似ているんだよ。生まれが違うだけです。もうそのような意見の無視している。神経使いません。昔はそのような認識を変えてしようとしたが、今はおきます。今、私たちのようなバンドを認める人々がたくさんできました。
    ソン·スンヒョン:若くてハンサムで、アイドルということです。(笑)ある意味気持ち良いです。
    イ·ジェジン:私は実際に私がよくできたと思ったことがないFTISLANDメンバーになってハンサムだったという話のように聞いてください。(笑)いいですよ何か。
    メンバーたち:自慢ではありませんが、私たち整形も全然しませんでし。プライドですよ。整形しなくてこの程度の顔でしまうと大丈夫なないでしょうか?(笑)
    イ·ホンギ:その代わりに私たちはキーで大きくなった。(笑)

    enews:FTISLANDは舞台で楽しむ感じを与えるの魅力です。

    ソン·スンヒョン:そう見てくれたら感謝します。しかし、まだ舞台が震えます。特に、私がチームに後に入ってか一人でたくさんトルオヨ。ハートビートが見えるほどです。
    チェ·ジョンフン:日本でのライブを​​行うときは、お菓子やガムをかんでいます。まだたくさん震えます。

    enews:バンドなのに、音楽的にはどのような欲はありますか?

    イ·ホンギ:前には考えが多かったが今はない。ただオシャレな音楽をしたいです。年齢に合ったウムアクヨ。ジャンルも一つだけに固執はしません。今私たちの年齢は、パンクがよく似合うようです。


    ホンギ/FTISLAND


    enews:イ·ホンギさんの芸能番組にたくさん私が、芸能番組や演技に対する考えはどうですか?

    イ·ジェジン:芸能プログラムでは、本当にできないです。声帯模写をちょっと練習したりした受け入れられるか分からない。
    メンバーたち:演技は機会が与えられるとするつもりです。

    enews:芸能人になった後ではなくて惜しいことしている場合?

    イ·ホンギ:恋愛。こっそりしないで堂々としている恋愛。
    チェ·ジョンフン:お金使いたいです。私たちはインディーズバンドと違いないです。みんなのアイドルグループといえばお金も稼ぐと思うのに、それもない。 (笑)
    ソン·スンヒョン:旅行通ってほしい。

    enews:音楽を体系的に学んでいることもありますか?

    イ·ジェジン:それは忙しくて次から次へ練習して学んだが、体系的に学びたいと思う気持ちもあります。努力している。

    enews:今後の活動計画は?

    イ·ホンギ:長持ちするバンドになりたい。結婚しても一緒にするベンドゥヨ。昨日会社代表様と約束した。犬のように働いてみようと。忘れないように頑張っするでしょう。連れ入隊も考えていて。

    enews:必ずしたい話はありますか?

    メンバーたち:ファンに感謝するという言葉を忘れないでしたいです。ファンクラブプリマドンナのメンバーたちも感謝します。ファンいない場合私たちは終わりです。感謝して愛しています。



    兵役の話にちょっと触れていて心臓が痛くなりました…(ノ_・、)




FTISLAND ALBUM


[ iTune Store ] FTISLAND



My Favorite Graphics

イ・ホンギ壁紙

イ・ホンギ壁紙

イ・ホンギ壁紙

イ・ホンギ壁紙

イ・ホンギ壁紙

イ・ホンギ壁紙

イ・ホンギ壁紙

イ・ホンギ壁紙